女性の方が痔になりやすい?

実は、痔は手術では完治しないんです。

むしろ女性に多い病気です

痔の薬のCMなどでは、痔はおじさんの病気というイメージが出来上がっている感じがしますが、痔は決しておじさんの病気というわけではなく、むしろ女性に多い病気です。

 

患部の場所が場所ですから、余計に他の病気と比較して人に知られるのが恥ずかしかったり、通院するのが恥ずかしくて悪化させてしまうケースも少なくありません。

 

では、なぜ女性に痔が多いのでしょう?それは女性の方が男性より便秘がちの人が多いからです。

 

また、女性は妊娠・出産を経験することが多いことも痔の原因に繋がります。

 

痔の原因のほとんどは便秘にあると言われています。

 

便秘によって硬くなってしまった便を出したり、大量にたまってしまった便を出したりするのが習慣になっていると、太くて硬い便を出す時に肛門が裂けて切れ痔になったり、静脈や動脈がうっ血していぼ痔になってしまうのです。

 

それに、女性の妊娠後期には、大きくなった子宮に圧迫されて便秘がひどくなったり、静脈が圧迫されてしまうため、妊娠・出産を機にいぼ痔を発症する女性は大変多いと言われています。

 

このように、特に冷え性で便秘がちの女性は痔のリスクが大変高いでしょう。

 

痔は放置すると癌の原因になる場合もありますから、できるだけ早く対処することをお勧めします。

 

女性に一番多いと言われているのがいぼ痔で、これはできた場所によっては激しい痛みを伴います。

 

さらに、いぼ痔が破裂すると大量に出血することもあります。

 

痔核と呼ばれるいぼの患部が肛門から外に出てきてしまう脱肛に発展することもありますから、早めに肛門科を受診しましょう。