子供も痔になる?

実は、痔は手術では完治しないんです。

何度も同じ症状を繰り返すことがある

痔は大人がかかる病気だと思われがちですが、実は子供も痔になることがあります。

 

赤ちゃんや幼児は大人と違い、肛門の大きさが小さく、裂けやすいのです。そのため、硬い便や大きめの便だと肛門の粘膜が切れて出血することがあります。

 

切れたり裂けたりするとやはり痛いので、排便することを我慢してしまうケースが多いのですが、我慢することでさらに便を硬くしてしまうため、悪循環になります。

 

そうならないためには、どうするべきかわかりますか?

 

昔とは大分変わってしまった食生活を見直す必要があるのです。

 

そのような症状が出て病院へ行けば、飲み薬や軟膏を処方してもらえますが、食生活を変えないと便の硬さなどは改善されません。

 

最近の子供は好き嫌いが激しく、食生活の偏りが多く見られます。

 

改善するには、やはり、食物繊維を多く摂取することが有効だと思いますが、子供はなかなか食べてくれなかったりしますよね。

 

そんな時は、ヨーグルトやバナナ、野菜ジュースなどを使って、なるべく食物繊維を多く摂らせて、便が柔らかくなるようにコントロールしてあげると良いでしょう。

 

食生活以外でも、赤ちゃんの時はおむつが原因で痔になることもあります。

 

膿が出たり、患部が赤く腫れたりという症状が見られるでしょう。

 

生後〜1才になるくらいの男の子によく見られます。

 

その場合は、病院へ行き、治療してもらったら、おむつを頻繁に交換したり、消毒液などを使って清潔に保ってあげましょう。

 

痔は一度切れてしまうと、何度も同じ症状を繰り返すことがあるので、根気よく治療していくことが大切です。