痔の外科療法とは?

実は、痔は手術では完治しないんです。

手術時間の長さも5〜20分という短い時間

痔は種類や症状によって治療方法が変わってきます。

 

まずは保存療法を医師にすすめられることが多いと思いますが、保存療法を行っても症状が改善されない時には外科療法が用いられるでしょう。

 

痔=手術とイメージしてしまいますが、最近では手術以外の外科療法も様々あります。

 

例えば、内痔核の場合はどのような外科療法が用いられるのか、ここで少し説明します。

 

もちろん、痔の部分を切除する手術もありますが、注射療法もあるのです。

 

この方法は比較的古くから行われてきた外科療法ですが、患部を小さくしたり、硬くしたりする効果があります。

 

最近では、ジオンという薬を患部に注射する方法も出てきており、従来の注射療法よりも高い効果がみられると言われています。

 

現在、最も注目されている痔の外科療法なのです。

 

このような注射療法の他にも、マイナス60度の冷気を患部にあて、患部の組織を壊死させてしまう凍結療法や輪ゴムで患部を縛って壊死させる輪ゴム療法なども外科療法です。

 

手術の技術も発達しているので、特殊な専用機械を使って内部で痔の患部を切除することも最近では行われています。

 

内痔核の症状が重度なケースや外痔核・痔ろうになってしまうと手術が行われるでしょう。

 

痔ろうになってしまうと、薬などでは効果が出ないので、膿を除去したりする手術が必要になるため、入院も二週間と長くなってしまいます。

 

しかし、手術と言っても、痔の種類や症状の程度によっては、手術時間の長さも5〜20分という短い時間で終わってしまうこともありますし、入院せず日帰りすることも可能なのです。