痔の注射療法とは?

実は、痔は手術では完治しないんです。

患部を壊死させる方法

痔核やいぼ痔などの治療に使われるのが注射療法で、切れ痔や痔ろうの治療には適応していません。

 

注射療法は比較的古くから行われている治療法で、患部に刺激性のある硬化剤を注射し、患部を硬化・縮小させ、出血を止める方法です。

 

注射は痛みなどを感じない粘膜部分に直接針を刺すので、麻酔をする必要もなく、もちろん、痛みはありません。

 

麻酔をかけたり、手術をしたりもせず、簡単に受けることの出来る治療法なのですが、数年で再発してしまうリスクが高いのが、注射療法のデメリットです。

 

この注射療法は、出血を止める効果は非常に高いと言われていますが、痔核その物を消滅させる効果は非常に低いと言われています。

 

ですので、注射療法で一度良くなったかなと思って、また肛門に負担のかかるような座ったままの姿勢を長時間続けていたりすると、再び血管が押しつぶされてうっ血してしまい、痔が再発してしまうのです。

 

何度も再発してしまうと、過去に注射を打った箇所が硬くなってしまっていたりするので、注射の効果もその度に落ちていき、効果をみることが出来なくなります。

 

そのため、患者さん本人の生活習慣の見直しや自己管理を1年くらいかけて続けていかなくてはなりません。

 

結局は長い目で見ると一時的なその場しのぎの治療法になってしまうので、保存療法を行い、悪化させないように努力する必要があります。

 

注射療法に似た治療法として、腐食療法がありますが、こちらの場合は注射療法よりもさらに刺激の強い薬品を注射し、患部を壊死させる方法です。