痔の輪ゴム療法とは?

実は、痔は手術では完治しないんです。

あくまでも一時的な治療法

痔の輪ゴム療法は、痔核の根元を特殊な筒状のゴムを使って縛り、痔核へ供給される血液を遮断し、大きさを小さくさせていく方法で「マックギブニー法」とも言われています。

 

元々は外来治療を目的として開発された治療方法なのです。

 

そうすることで縛られた患部は縮小していき、数日も経つと壊死して、自然と脱落していくのです。

 

こちらも注射療法と同じで、いぼ痔や痔核には効果がありますが、切れ痔や痔ろうなどには効果がありません。

 

しかし、注射療法よりは効果が高いと言われています。

 

切除手術ではないので日帰りすることも可能ですし、麻酔も基本的には使用しません。

 

術中は直腸部を縛っていくので、痛みはほとんど感じることがありません。

 

術後の痛みや出血のリスクに関しても、排便時などに多少の痛みや出血がある程度で、2〜3日安静にしていれば、手術をしたことさえも忘れてしまうくらいだそうです。

 

ですが、切除手術をして完治させている訳ではないので、壊死させて脱落させたとしても、何年後かに再発する確率が高いという結果が出ています。

 

仕事などで入院している時間的な余裕がなかったり、なんとか今、痛みから逃れたいなど、早急に処置したいと考えている方にはオススメの治療法かもしれません。

 

あとは、高齢の方など、体力的な面なども考えて、手術はするべきではないと判断した時に、この方法を用いることもあります。

 

でも、あくまでも一時的な治療法なので、再発した場合は切除手術も考えなければなりません。